キラウエア

世界遺産のキラウエア火山はマストスポット

はじめに」

ハワイといえば日本人にはオアフ島のショッピングや高級ホテルが一般的なイメージですが、本当のハワイは名前どおり、ハワイ島にあります。

一番大きな島、ハワイ島の中にはとても大きいキラウエア火山があります。

キラウエア火山」とは

キラウエア火山はアメリカの国立公園の1つです。

今もまだ活動中の火山ですが、現在は溶岩の流出は止まっています。

活動が活発なときは溶岩の流出が起きることもあるそうです。

観光のメインスポットはキラウエアのカルデラ火口です。

キラウエア火山」の魅力

流れ出た溶岩が固まって黒い地面が見えるキラウエアは圧巻の一言。

キラウエア火山の噴火口から流れ出た真っ赤な溶岩が固まって黒く見えるのです。

この黒い大地を見ると、「ここまで溶岩が流れてきたんだ」と感動すること、間違いありません。

少し前までは火山の火口付近を覗くことが出来たのですが、現在は安全のため休止中です。

見たい方はヘリコプターから見るツアーなどが出ているのですが。

煙がモクモクと出ているのが見られます。

キラウエア火山」へのアクセスなど

ヒロからはレンタカーで約45分。

コナからは約2時間半〜3時間かかります。

まずはキラウエア火山ビジターセンターを目指します。

ここではキラウエア火山、周辺の情報を全て集めることが出来るので、火山の噴火状況を調べて下さい。

地図もここでもらえます。

レンジャーと言われる国立公園のスペシャリストがいますので、分からないことがあったら聞いてみることが出来ます。

また、無料のアクティビティーが毎日行われていますから是非とも参加して下さい。

生のキラウエア火山に触れるチャンスです。

子供達は「ジュニアレンジャープログラム」というレンジャーになるための楽しい勉強会があるので問題を解きながら自然との接し方を学べます。

キラウエア火山は国立公園なので、たくさんのトレイル(トレッキング)コースがあります。

アメリカの国立公園巡りをされている方は国立公園の年間パスをお忘れなく。

歩きやすい靴と水分を持って地図を見ながらトレッキングするのがおススメです。

展望台も沢山ありますからフォトジェニックなキラウエア火山を思い出に残して下さい。

日本では出会えない動物や鳥、野花を見られます。

レンタカーの方は「チェーン オブ クレーターロード」という道をドライブするのも楽しいです。

真っ黒な道を運転することは日本では経験出来ません。

溶岩が最後は海の流れ込んだ場所を見ることができます。

30キロありますからガソリンの入れ忘れに注意が必要です。

まとめ

「キラウエア火山」はハワイ島に来たら外せない観光スポットです。

真っ黒な大地と青い広大な太平洋と空のコントラストが絶景です。

ハワイの大自然を是非とも満喫してください。

関連記事

  1. 世界遺産キラウエア火山の魅力を伝えます!
  2. キラウエアで自然の力を鑑賞出来る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

アーカイブ

PAGE TOP