ハナ

ハワイの自然を満喫したいならハナへ行こう

はじめに

ハワイへ訪れた旅行者は、海の鑑賞を目的にしている事が多いと言われています。

ハワイの海は透き通った青一色で、何処でも見られるものではありません。

また人間の目を楽しませる海洋生物もたくさん生息しており、鑑賞するためのサービスが充実しています。

ハワイで毎日を送っている人々も、稀有な観光スポットを有しているという自覚があるため、ハワイの自然の保全に力を入れているのです。

ですがハワイの自然を気が済むまで鑑賞したいなら、山の自然も観光対象に含めるべきだと言えます。

陸地で芽吹いている草木や躍動的な動物も、時間をかけて観光する価値があります。

そしてハワイの海と陸地の自然鑑賞には、マウイ島のハナがオススメです。

草木と海が楽しめるハナ・ビーチ・パーク

現代におけるハワイの観光都市は、自然の近くに滞在用のホテルが建設されているケースがほとんどです。

見ごたえのある自然が存在している一方で、その雰囲気を台無しにしてしまう近代的な建築物が乱立しています。

それに対してハナは高層のホテルなどは建造されておらず、自然と上手く共存しているのです。

都会の雰囲気から抜け出したい観光客は、マウイ島のハナで多くの時間を過ごしています。

そしてハナの周囲の自然を余す事なく楽しめる観光スポットがあります。

それはハナ・ビーチ・パークと呼ばれる場所です。

その名の通りビーチの鑑賞が楽しめる上に、公園の敷地には草木が大切に育てられています。

地元の人々にも利用されているので、行動力のある観光客は交流に用いようとする事もある観光スポットです。

4月の中旬にはタロイモのフェスティバルが行われる

しかしハナ・ビーチ・パークの様な自然と親しめる公園は、ハワイ諸島の各地に点在しています。

それにも関わらずハナ・ビーチ・パークの知名度が抜きん出ているのは、4月の中旬に行われるタロイモのフェスティバルが開催されるからです。

ハワイの食卓におけるタロイモは、日本の米の様な存在です。

それ故に各家庭では独特なタロイモのレシピを有しています。

そしてタロイモのフェスティバルでは、自慢のレシピを元に来場者へ振舞われるのです。

観光客でもタロイモのフェスティバルに参加可能なので、旅行の時期がマッチしているなら訪れてみるべきだと言えます。

ハナまでの道も立派な観光スポット

マウイ島のハナは決してアクセスし易い場所に存在しているわけではありません。

マウイ島のアクセスで主に活用されるカフルイ空港から、80キロメートル以上の距離があります。

それにも関わらずハナへ訪れる人が後を絶たないのは、途中の道も美しい自然で溢れているからです。

カフルイ空港からハナへ行く時は、ハナ・ハイウェイを利用する事になります。

ハナ・ハイウェイは天国への道と形容されるほどの美しさを誇るのです。

観光ツアーに参加すると約3時間かけて走行する事になります。

80キロメートル程度の道のりに3時間もかけるのは、途中の道も見ごたえがある事の反証です。

まとめ

ハナは観光スポットとしても知られていますが、滞在先としても名を馳せています。

ホテル・ハナ・マウイと呼ばれる世界的な旅館が存在しているからです。

従業員が血縁関係で結ばれている事もあり、おもてなしの精神が強く日本の観光客のウケが良いと評されています。

以上の様にハナは観光スポットだけでなく、ホテルに関しても問題ありません。ハワイの自然が目的の観光旅行であれば、ハナを滞在先に設定するのも悪くないと言えます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

アーカイブ

PAGE TOP